精神的障害 遅漏 改善方法

神経症、トラウマ、ストレス、プレッシャーなどの精神面が原因で遅漏になるケース

Sexにおける問題を引き起こす要因には、幼少期などの性的な体験がトラウマになっているケースが少なくありません。

 

遅漏の場合にも、メイルレイプをされた等の性的なトラウマが原因であったり、性行為そのものを不潔、不浄なものと教えられてセックスに対して嫌悪感を感じるようになってしまうことがあるといわれています。

 

その他、精神面で遅漏の原因となるものには、うつ病、極度の緊張症などの精神障害が関係することも考えられます。

 

これ以外にも、童貞であったり性体験が豊富でない場合、はじめての相手とのセックスによる緊張、プレッシャーなどにより一時的に遅漏あるいは射精できない膣内射精障害になる場合もあります。

 

改善方法

神経症などの場合は、医師による治療でまずその病気を治すことが遅漏の改善につながります。
深層心理にかかわるトラウマが原因の場合には精神科・心療内科によるカウンセリングを受けることをお勧めします。

 

セックスの経験が少ないために緊張してしまって遅漏になる、あるいは早漏になる、ということはよくあることです。あせらずに何度もトライしているうちに多くは改善される可能性が高いでしょう。

 

アルコールの飲み過ぎで遅漏になるという方は飲まなければいいだけですね。素面(しらふ)でエッチをすると緊張するから無理!という方は、飲みすぎないように適量に抑えるようにします。

 

また、SEXをしている時の心がまえ、イメージすること、考えることも重要になります。男性はペニスを勃起させ続けなければセックスをできないという面から、メンタルの影響を非常に受けやすいものです。セックスをする際には、プライバシーが確保された清潔な場所を選び、ムードを大切にしましょう。そして自分がセックスで射精しやすいシチュエーションを準備することが大切です。パートナーの女性の協力してもらってコスプレをするとか、エッチな言葉を言ってもらうとか、責めてもらうとか、まあそれぞれの趣味、嗜好を満たすようにすれば射精しやすいSexへと一歩近づきます。むやみにピストン運動をするだけが射精へのプロセスではないことを男も女も理解しておきたいものです。

 

オナニーを変えれば遅漏は治る!低刺激オナホールで劇的改善!

誰でもできる遅漏改善に効果抜群の方法とは?
Sexでなかなかイケない遅漏。もう手遅れだとあきらめていませんか?

遅漏の原因のほとんどは刺激の強い間違ったオナニーによるもの。オナニーのやり方を変えて「膣の刺激で気持ちよくなれるように」ペニスの感度を敏感にしてあげれば、遅漏は劇的に改善できるのです。

あなたがすることは、日々のオナニーのやり方を変えるだけ!ずばり、3週間で効果が現れます!!

遅漏改善に最適なオナホール遅漏を自力で治すためのグッズとは?

関連ページ

遅漏改善はオナ禁から始めよう
オナ禁とは文字通りオナニーを禁止すること。オナニーにもメリットがあり、極端なオナ禁はおすすめしませんが遅漏の改善に効果があることがあります。
遅漏を治すための正しいオナニーのやり方
間違ったオナニーが原因で遅漏になった男性は、オナニーのやり方を変えることで遅漏を改善することができます。
遅漏改善のための筋トレ
遅漏の原因のひとつに体力の低下があげられます。セックスが肉体を使った運動である以上、筋トレで体力をつけ、ることで遅漏が改善する可能性があります。

トップページ 遅漏の原因別対処法 遅漏改善グッズ 彼氏・夫の遅漏を治したい