遅漏を治す方法

オナ禁とは

オナ禁とはオナニーを禁止すること。オナニーをしないでがまんすることです。世の中にはこのオナ禁を理想化して、何百日もオナ禁をすると幸福感が得られる、などの様々な効能があるとする方々もいるようですが、適度なオナニーは体のためにもよいもので、オナニーを絶対しない、ということがよい結果をもたらすとも思えません。

遅漏とオナ禁

遅漏を治す、という目的でオナ禁が有効なのは、もともと遅漏になった原因がオナニーにあるいわゆる「オナニー性遅漏」の方で、1週間に数回程度、定期的にセックスをすることが可能なパートナーの女性がいる場合です。

 

実際のセックスをせずに、その上オナニーも禁止してしまえばSexに必要な体、スキル、イメージ力などが低下してしまい、セックス能力が衰えてしまうでしょう。

遅漏の初期段階ならオナ禁だけで治る可能性も

毎回ではなく、時々思ったように射精できないことがある、先週はじめて途中で萎えてしまった・・・、など比較的初期段階、軽度の遅漏の場合には、体調を整えたり、しばらくオナ禁で射精を抑えておいてから間をおいてセックスをすれば、問題がない場合があります。

 

遅漏かな?と思ったら、まずは慌てずに、万全の体調であったかどうかを疑いましょう。
お酒を飲んでいて勃起を維持できなかった、射精できなかった、ということは遅漏でなくてもあることです。体の調子が悪い、悩み事がある、などの場合にはセックスに集中できないため、遅漏のような状態になることもあります。

 

そうしてことに思い当たらない場合には、遅漏の症状が始まっているかもしれません。
次にする行動がオナ禁です。
最低でも1週間、できれば2〜3週間はオナニーをしないで我慢をします。

 

軽度の遅漏なら次はうまく射精できるでしょう。

オナニートレーニングを始める前に

オナ禁からのセックスを何度か繰り返してみても、遅漏の症状が治らないようなら、本格的に改善のための行動をする必要があるでしょう。

 

次の段階でも、まずはオナ禁をしてペニスの感覚をリセットしましょう。
ここでも1週間から2週間くらいはオナニーを一切しないようにします。

 

その後はセックスではなく、刺激の少ないオナニーでトレーニングを行います。

 

 

もし、ラッキーなことに天使のような女性のパートナーがあなたにいて、こちらの思うままにセックスをさせてくれて文句の一つも言わない、という場合には、オナニーではなくセックスをして実際に膣の感覚のままにトレーニングをします。

 

膣の感覚になれるためだけのリハビリ目的のセックスになりますから、女性にとってはあまり喜ばしいものでなく、なかなかそんな相手は見つからないとは思いますが。

 

パートナーがいない場合は、自分でオナニーをして遅漏を治すしかありません。遅漏の男性相手のセックスでは女性が悩みを抱える場合が多いです。「私のせい?」「魅力がないの?」「膣のしまりが悪い?」「好きじゃないの?」などなど本当に男性は迷惑をかけています。

 

しっかりとトレーニングをして遅漏を治し、愛のあるセックスをしたいものですね。

 

オナニーを変えれば遅漏は治る!低刺激オナホールで劇的改善!

誰でもできる遅漏改善に効果抜群の方法とは?
Sexでなかなかイケない遅漏。もう手遅れだとあきらめていませんか?

遅漏の原因のほとんどは刺激の強い間違ったオナニーによるもの。オナニーのやり方を変えて「膣の刺激で気持ちよくなれるように」ペニスの感度を敏感にしてあげれば、遅漏は劇的に改善できるのです。

あなたがすることは、日々のオナニーのやり方を変えるだけ!ずばり、3週間で効果が現れます!!

遅漏改善に最適なオナホール遅漏を自力で治すためのグッズとは?

関連ページ

遅漏を治すための正しいオナニーのやり方
間違ったオナニーが原因で遅漏になった男性は、オナニーのやり方を変えることで遅漏を改善することができます。
遅漏改善のための筋トレ
遅漏の原因のひとつに体力の低下があげられます。セックスが肉体を使った運動である以上、筋トレで体力をつけ、ることで遅漏が改善する可能性があります。
精神的障害が原因の遅漏改善方法
精神的な障害、メンタルの部分が遅漏の原因となっている場合の改善方法を紹介します。

トップページ 遅漏の原因別対処法 遅漏改善グッズ 彼氏・夫の遅漏を治したい