正しい オナニー やり方

遅漏改善オナニーの目的、効果

ここで紹介する、「遅漏改善のためのオナニーのやり方」の目的は、間違ったオナニーでペニスの感覚を失ったいわゆる「オナニー性遅漏」を改善することです。

 

ペニスの正常な感覚を取り戻し、女性の膣の圧力で十分に快感を得られるようにするようにします。

 

また皮膚感覚だけでなく、AV(アダルト動画)などを見ながらオナニーすることによって失われたリアルな性的イメージを取り戻し、現実の女性とのセックスで気持ちよくイケる脳の回路を作るトレーニングです。

 

と、難しいことを書きましたが、ようするにオナニーです。
オナニーで遅漏になった人は、オナニーで治すことができます。

 

オナニーならではの気持ち良さも十分味わいながら、楽しくトレーニングをしていきましょう。

オナニーをする時の注意点

このオナニーは、オナニーという行為を利用した「治療行為」またはトレーニングです。単に快楽を求めて気持ちよくなればいい、というものではありません。また、射精だけを目的にしてサッサと済ませて終わらせてはいけません。

 

以下の項目は必ず守るようにしてください。

 

  • 今までのオナニーのやり方を忘れること。
  • 所要時間は30分以上かけること。
  • 手にも体にもどこにも力をいれないこと。
  • 刺激の強いAV(アダルト動画)を見ないこと。
  • 実在の女性とセックスしているイメージを常に持つこと。
  • 無理に射精しようとしないこと。

遅漏改善のためのオナニー方法

遅漏改善オナニーでは、こちらで紹介している低刺激なオナニーを実現するためにオナニーグッズを使用します。お持ちでない方はまず必要なオナニーグッズを揃えてください。

 

準備ができたら、さっそくオナニーをしましょう。

 

オナホールにペニスを挿入する前に、ローションをオナホに入れておきましょう。
次に、勃起していなくてはオナホになかなか入りませんから、まずペニスを勃起させます。

 

イメージで勃起させる(理想)

決して今までのようにAV(アダルト動画)を見るのはやめてください。
出来れば、実際に好きな女性とのセックスを想像してむらむらとした気持ちになってください。

 

それが無理ならば、グラビアアイドルの写真(静止画)。
それでも駄目なら、エッチな写真、エロ漫画。

 

それでも駄目なら、エッチシーンのない動画。
本当にどうしても立たないなら、恋人と愛のあるエッチをするようなソフトなタイプのAVを見ましょう。間違ってもSM,凌辱、痴漢、痴女、スカトロなどマニアックなものは避けましょう。(※実際にあなたが通常行うセックスがこれらの嗜好な場合はそういう傾向のAVを見ても大丈夫かもしれません、痴漢は困りますが)。

 

勃起してきたら、コンドームを装着してオナホールに挿入します。

 

 

 

力を抜いて動かす

 

リアル系のオナホはとても柔らかい材質でできています。オナホールの上から強く握ってしまっては強グリップでオナニーしているのと変わりません。外れてしまわない程度に軽くもちやさしくゆっくりと動かします。

 

手はもちろん、体のどこにも力を入れてはいけません。

 

 

オナニー中もイメージが大事!

 

AVは勃起したら、それ以上は見続けないようにして、あとは目を閉じ、本当にセックスしている状態を想像します。
膣の感触をたっぷりと味わってください。

 

「あ〜〜、膣って気持ちいいな〜」
「女の体っていいよな〜〜」
と、思いながらオナニーをするのです。

 

イメージをすることで、今までの間違ったオナニーでの、「AVで興奮する」→「手で強く刺激する」→「強制発射」という悪い習慣を絶ち切り、セックスと同じイメージで射精できるように脳のプロセスを変えていきます。

 

 

射精できなくても気にしない

このトレーニングをはじめたばかりの時は、なかなか勃起を維持できなかったりして、今までの高刺激のオナニーに戻りたくなると思います。
それも当たり前のことです。今まで何十回、何百回、何千回と繰り返しやってきた間違ったオナニーによって出来上がった悪習慣は簡単には治りません。

 

はじめからできるようなら、今頃、女性の膣で思うままのタイミングで気持ちよく射精できて、素晴らしいセックスをしているはずです。
これから改善していくのです。

 

萎えてしまったら、AVをまた少し見てもかまいません。
ちょっとずつ改善していきましょう。

 

なかなか射精できなくても、強くオナホールを激しく動かしたり、足ピンなどで体に力を入れて無理やり射精しないようにしましょう。
射精することは目的ではありません。遅漏を治すことが目的なのです。

 

 

このオナニーは、3日に1回程度のペースで行ってください。
やりすぎはよくないですが、極端に長い期間オナ禁をするというのもよくありません。
オナニーを我慢しすぎると後で何回も連続でオナニーをしたくなったり、無理やり射精するよくないオナニーをしてしまいがちです。

 

オナニーを変えれば遅漏は治る!低刺激オナホールで劇的改善!

誰でもできる遅漏改善に効果抜群の方法とは?
Sexでなかなかイケない遅漏。もう手遅れだとあきらめていませんか?

遅漏の原因のほとんどは刺激の強い間違ったオナニーによるもの。オナニーのやり方を変えて「膣の刺激で気持ちよくなれるように」ペニスの感度を敏感にしてあげれば、遅漏は劇的に改善できるのです。

あなたがすることは、日々のオナニーのやり方を変えるだけ!ずばり、3週間で効果が現れます!!

遅漏改善に最適なオナホール遅漏を自力で治すためのグッズとは?

関連ページ

遅漏改善はオナ禁から始めよう
オナ禁とは文字通りオナニーを禁止すること。オナニーにもメリットがあり、極端なオナ禁はおすすめしませんが遅漏の改善に効果があることがあります。
遅漏改善のための筋トレ
遅漏の原因のひとつに体力の低下があげられます。セックスが肉体を使った運動である以上、筋トレで体力をつけ、ることで遅漏が改善する可能性があります。
精神的障害が原因の遅漏改善方法
精神的な障害、メンタルの部分が遅漏の原因となっている場合の改善方法を紹介します。

トップページ 遅漏の原因別対処法 遅漏改善グッズ 彼氏・夫の遅漏を治したい