運営者プロフィール

遅漏改善.net運営者プロフィール

「遅漏改善.net」へようこそ!
運営者のKと申します。

 

このサイトは私が実際に遅漏という悩みを抱え、やがては射精できなくなる膣内射精障害にまでなったものの、それ克服して正常なセックスができるようになったという実際の体験から、今、遅漏で悩んでいる方の参考になればと立ち上げたサイトです。

 

現在40代の私が、遅漏を実感しはじめたのは30才頃でした。
イキにくいと感じ始めてから最終的にほとんど射精できずに終わるようになるまで10年。

 

遅漏は知らず知らずのうちにゆっくり、そして確実に進行していきます。
かつては知識もなく、何が原因なのか、どうすれば治るのかも分からず、
ただただ症状を悪化させていくだけでした。

 

ごめん、今日は調子悪いみたい・・・

セックスを覚えた10代の終わりから、私はエッチが大好きでした。
始めの頃はいわゆる早漏でしたが、やがては女性の身体になれてきたのか徐々に射精に至るまでの時間が伸びてきて、20代の中頃には女性がイクのに合わせて射精する、というように射精のタイミングをコントロールできるようになっていました。

 

女性がイクまでは射精しない。
それが男として凄いことなんだ。

 

早漏は恥ずかしいことだ。
長持ちするのが女性にとっても嬉しいことだ。

 

 

そんな風に考えていたのかもしれません。
実際、イキそうになるのを我慢しながらセックスしている内に、射精を我慢できるようになっていったのです。

 

しかし、それは自分が思っているほど「射精をコントロール」できていたわけではなかったのでした。
30代に差し掛かったころから、射精までの時間が思ったよりもかかるようになってきました。

 

時間を正確に測ったわけではないですが、
女性の膣に挿入してから射精するまでの時間が以前は長くても30分くらいだったのが、
40分、50分、と伸びていき、1時間以上ということもざらにあるようになりました。

 

こうなると体力も続きません。
20代なら若さにまかせて激しいピストンで射精できていたものが、
途中で疲れてしまい射精をあきらめる時もたびたびありました。

 

「ごめん、今日は調子悪いみたい・・・」
そんな風に女性に言って途中でやめてしまうのです。

 

このままでは終われない!!

 

私はだんだんとセックスをするのが怖くなってきました。
またイクのに苦労するんじゃないか、どうせイケないんじゃないか、と不安な気持ちもありました。

 

ああ、このまま俺は終わってしまうのか。
楽しかったなあ、何の不安もないセックス。
あんな日はもう戻ってこないのか。。。

 

そんな風になかばあきらめていたのですが、
インターネットが普及したことで改善のきっかけをつかむことができました。

 

「遅漏 改善」
「遅漏 克服」
「遅漏 原因」
「セックス イケない」
「射精障害 治す方法」

 

とかなんとかいろいろな言葉を打ち込んでは、
この状態をなんとかできないか模索し始めたのです。

 

「私はこうして治りました!」
「遅漏の改善方法はこれですよ♪」

 

そんな風な嬉しい内容のサイトがいくつか見つかりましたが、
それでもなかなか具体的な解決方法は見つかりませんでした。

 

ネット上には嘘や適当な情報も山ほどあります。
その中から本当に使える情報だけを見つけ出すのは大変な作業です。

 

何も知らないままだと何が正しいのか分からないので、
セックスや遅漏、射精障害に関する本なども読み、基本的な知識も徐々に身につけていきました。

 

調べ始めてみる前までは、
なんとなくあきらめかけていたくらいでしたが、

 

いざ「治るかもしれない」と思ってからは、
自分でもあきれるくらいに熱心に情報収集をするようになりました。

 

いろいろな方法があるようですが、
デリケートな問題だし悪化しては元も子もないので
入念に調べて間違いなく効果があると思える方法を探し続けました。

 

 

そして、このサイトにも書いている方法に出会い、私の遅漏は劇的に改善したのです。

 

以前のように射精の時間をコントロールできるようになり、
セックスをスポーツか娯楽のように楽しめるようになりました。

 

「遅漏改善.net」では、遅漏改善のための方法を公開していますが、私は医師でも専門家でもありません。
私自身の成功体験を綴っているに過ぎません。

 

また、遅漏の症状によってはこの方法では治らないかもしれません。
あなたも必ず治る!とは断言できませんし保証もできません。

 

あくまでも自己判断で行ってください。

 

あなたのセックスライフが充実したものになるように応援しています。

 

 

遅漏改善.net運営者 K氏

 

 

P.S. セックスをしてもかなりの確率で射精できない、という人はすでに膣内射精障害にまでなっている可能性があります。こちらの「K氏の膣内射精障害克服への道」では、膣内射精障害の方に特化した情報を公開していますので該当する方はぜひご覧ください。

 


トップページ 遅漏の原因別対処法 遅漏改善グッズ 彼氏・夫の遅漏を治したい